賞味期限、放射線量、電車內での攜帯電話……私たちはさまざまな基準値に囲まれて、超えた/超えないと一喜一憂して暮らしています。しかし、それらの數字の根拠を探ってみると、じつに不思議な決まり方をしているものが多いようです。

保質期、輻射量、電車裏的手機……我們生活在各種各樣的標準值的包圍中,一旦超過/未超過標準值就會忽喜忽憂。但是,如果對這些數據一探究竟,就會發現其中有很多不可思議的規定。

今回は誰もが知っているおもしろい“基準値”として食品に関する「3秒」ルールを科學的に考えてみます。

這次我們來科學地思考一下眾所周知的有趣的“標準值”——與食物相關的“3秒”定律。

(この記事は2014年6月に刊行された『基準値のからくり』の一部を抜粋したものです)

(本文摘錄了2014年6月出版的《標準值的原理》一書中的部分內容)

「3秒ルール」は外國にもあるのか

外國也有“3秒定律”嗎

それはバスケットボールのルールではない。「牀に落ちた食べ物は3秒以內に拾えば食べられる」という“伝承”である。筆者はそれを子どもの頃に知ったが、本書の共同執筆者村上も同じだという。たしかに日本にはこの伝説が存在しているようだ。

不同於籃球的規則,“掉在地上的食物只要在3秒內撿起來就能吃”(的説法)是代代相承的。筆者在兒時就知道這一點,本書的共同執筆者村上也一樣。日本確實有這個傳説。

では、これは日本獨特のものなのだろうか? この點に興味を持った私たちは、外國人の友人たちに、このようなルールを知っているか、実際に尋ねてみた。

那麼,這是日本獨有的東西嗎?對這一點頗感興趣的我們,實際詢問了外國友人是否知情。

なんと北米とオセアニアでは、ほとんどの人が知っていた。ただし “five-second rule” と呼ばれる「5秒ルール」だった。だが、それ以外の國やアフリカでは、その半數程度だった。

在北美和大洋洲,幾乎所有人都知道。但在那裏是被叫做“five-second rule”的“5秒定律”。然而,在其他國家和非洲,知道的只有半數左右。

一方で、「知っている」という回答のなかには、3秒、5秒のほかに「うちの國では10秒」というコメントもあったことから、時間はともかく落ちた食べ物を“すぐに拾う”ルールとして知られているのだろう。

另一方面,回答“知道”的人中,除了3秒、5秒之外,還有“在我們國家是10秒”的回覆,時間暫且不論,“馬上撿起掉在地上的食物”這一規則想必是廣為人知的吧。

また、「聞いたことがない」と答えたタイ人やネパール人からは「ゴミや菌で汚れているに決まってるじゃないか! それは本當にルールなのか?」と、真面目な反応が返ってきたのも新鮮な驚きだった。このルールがいわばジョークの一種であることが認識されなかったのだろう。

另外,回答“沒聽説過”的泰國人和尼泊爾人也會説“肯定會被垃圾和細菌弄髒的!這真的是規定嗎?”得到如此嚴肅的迴應,讓人感覺很是新鮮。 我猜他們沒有意識到這個定律是一種玩笑。

3秒ルールのルーツ?

3秒定律的根源?

3秒ルール(と総稱させていただく)が伝播している文化圏と、そうでない文化圏の境界線がどこにあるのかは判然としないが、そのルーツは13世紀のモンゴル皇帝チンギス・ハーンにあり、「ハーン・ルール」と稱されていた(! )という説がある。

傳播3秒定律(總稱)的文化圈和非文化圈的分界線在哪還不清楚,不過其根源在13世紀的蒙古皇帝成吉思汗,有一種説法叫做“哈恩(汗)規則”。

ハーンは戦いに勝つと祝宴を設け、將軍たちに料理と酒をふんだんに振る舞った。だがその際、「牀に落ちた食べ物は12時間以內ならば、食べても安全である。信じたまえ!」と宣言して、みなをそれに従わせたというのだ。ハーンの宴席の食べ物ならそれほど長く落ちていたものでも食べる価値があった、というあたりがこの逸話の真意だろうが、3秒ルールが歴史に痕跡をとどめた例として貴重である。

成吉思汗在戰爭勝利後設宴慶祝,款待將軍們美酒佳餚。但在這個時候,他宣稱“掉在地上的食物在12小時之內是安全的,相信我!”,讓大家遵從。如果是他宴席上的食物,即使是已經掉了很長時間的東西也有吃的價值,這也許是這則逸聞的真正含義,但這也是三秒規則在歷史上留下痕跡的一個珍貴例子。

3秒ルールの科學的合理性

3秒定律的科學合理性

3秒ルールは完全なナンセンスなのか、多少なりとも科學的な合理性があるのか。じつは米國や英國では、真面目に調査している人がいる。

3秒定律完全是無稽之談,還是多少具有科學合理性?其實在美國和英國,已經有人認真地進行了調查。

2003年に高校生のジリアン・クラークさんはイリノイ大學で、大腸菌が塗られた牀材に、グミや砂糖のかかったクッキーを5秒間置いたのち、菌數を數えた。その結果、ザラザラした牀でも滑らかな牀でも、大腸菌がクッキーにつくことを報告している。クラークさんはこの功績により、2004年度のイグ・ノーベル賞を受賞した。

2003年,高中生吉莉安·克拉克在伊利諾伊大學,將撒有軟糖和砂糖的曲奇餅放在塗有大腸桿菌的地板上5秒鐘,然後統計細菌數量。結果表明,無論是粗糙的地板還是光滑的地板,大腸桿菌都會附着在餅乾上。克拉克因此獲得了2004年度搞笑諾貝爾獎。

2006年にはクレムゾン大學のポール・ドーソン博士が、さまざまな材質の牀(タイル、フローリング材、カーペット)にチフス菌がどれだけいるか、また、牀に置いたハムやパンに付着する菌數と、牀との接觸時間にはどのような関係があるかを調べた。

2006年,克萊姆森大學的保羅·道森博士對各種材質的地板(瓷磚、地板材料、地毯)上有多少傷寒菌,以及放在地板上的火腿和麪包上附着的菌數與地板的接觸時間之間的關係進行了調查。

その結果、タイルでは接觸時間5秒で、ハムに約70%、パンに約50%、菌が付着した。また、牀に落ちた食べ物に息を吹きかけゴミを払っても除菌の効果はなかった。博士はこれらを総合して “five-second rule” はただの神話にすぎず、食中毒を防ぐには衞生管理が大事である、と至極まっとうな主張をしている。

結果,與瓷磚接觸5秒後的細菌附着率,火腿約佔70%,麪包約50%。另外,對掉在地上的食物吹氣,即便能去除垃圾也沒有除菌的效果。綜合上述,博士認為“five second rule”只是傳説,衞生才是防止食物中毒的關鍵。

同じことを考える人はいるもので、英國アストン大學のアンソニー・ヒルトン氏は2014年に、牀の大腸菌などがトーストやパスタに移るかという同様の実験を行っている。ドーソン氏と違うところは、接觸させる時間を3秒から30秒までさまざまに変えているところである。

英國阿斯頓大學的安東尼·希爾頓先生在2014年,就地板上的大腸桿菌是否會轉移到吐司或意大利麪上進行了同樣的實驗。與道森不同的是,他(設定)的接觸時間從3秒到30秒不等。

その結果、接觸時間と牀材によって菌の移り方は異なり、カーペットの場合は5秒後もほとんど菌が移っていなかったという。3秒ルールは場合によってはありなのかもしれない、とも思わされる結論である。

結果顯示,細菌的轉移取決於接觸時間和地板材料,即使在地毯上過了五秒,(細菌)也幾乎沒有轉移,這表明3秒定律在某些情況下可能是存在的。

3秒ルールが科學的か否か、ここで判斷することは控えたい。だが面白いのは、落ちたものを拾って食べることは衞生上、問題がありそうとは誰でも思うにもかかわらず、このルールが世界で少なからず知られ、ときに実行されていることだ。

3秒定律是否科學,希望大家不要在此定下結論。但有趣的是,儘管誰都認為撿掉在地上的東西吃具備衞生問題,而這個定律依舊在世界上廣為人知,有時還會被實行。

これを「はるか昔からヒトは“安全”と“もったいなさ”を、本能で天秤にかけ、判斷してきた。その名殘が3秒ルールなのだ」と解釈するのはいいすぎだろうか。ゴミや細菌がついたものはどの程度までなら、食べても危害が及ばずにすむか、ヒトは直観的に知っているとしたら、なかなか興味深いことである。

將此解釋為“從很久以前開始,人類就憑藉本能,將“安全”與“可惜”放在天平上進行判斷,而3秒定律就是其殘留”,是不是有些過分了呢?如果人類能直觀地瞭解帶有垃圾和細菌的東西在多大程度上吃了也不會造成危害,那就很有意思了。

本內容為滬江日語原創翻譯,嚴禁轉載。

相關閲讀推薦:

邊泡澡邊嗦粉?!香川縣獨特的地域風俗

在日本借用便利店衞生間需要在店內消費嗎?